診療案内
院長プロフィール
アクセス
ホーム
 
 




・気になることがあって、仕事が手に付かない、日常生活に影響が出てしまう。
・いらいらしていて、ストレスをうまく処理できない。
・頭痛、めまい、しびれで検査を受けたのだが異状がなく、それでも症状が続く。
・子供がいじめ、不登校、非行、遁走で、どうしてよいかわからない。
・職場で対人関係に悩んでいる。
・どうしても配偶者に暴力をふるってしまう。逆にふるわれているのに離れることができない。
・朝、学校や会社に行くのが嫌でたまらない。
・内科疾患で、今の診断、治療について他の医者から意見を聞きたい。
・検診のデータ、検査結果がよく理解できないので、わかりやすく説明してほしい。

1. 心の悩み(神経症、人格障害、心身症、不適応、性の問題、等)
※不登校、ひきこもり、虞犯などの原因に性同一性障害やその他の性の問題があり、そのようなケースでも対応します。
3. 不登校、いじめ、非行、遁走
4. 家庭内暴力( DV )
5. 依存症(買い物、ギャンブル、薬物)相談。

来院に抵抗がないように、マンションの一室で診療しています、プライバシーは完全に保護されます。
カウンセリングにより、それぞれ個別に必要な方法を用います。薬物は原則用いません。
社会保険診療は行わず、自由診療です。相談1回(1時間30分まで)8,000 円(税込)です。
他に料金は発生しません。完全予約制です。責任を持てる範囲という趣旨で一日最多で 5 人までです。
「他のクライアントと顔を合わせたくない方は、予約時にお申し出下さい。その場合予約時間の始まりを10分遅く退出時間を10分早くして頂きます。」

☆☆☆ カウンセリング(サイコセラピー)について(⇒クリック) ☆☆☆

         
カウンセリングを受けられる方に

カウンセリングは言語を用いて行われますので、当然ながらそこには限界があります。また、一定のやり方があり、クライエントの方には守っていただかなければならないルールもあります。

クライエントの方には、幼少時に親との様々な関係にその時点で解決できなかった問題を抱えており、それが潜在的に維持されていて、それが現在の対人関係において葛藤が処理できなくなった場合に、現在の対人関係を舞台にして、退行現象として現れている場合が多いものです。

この問題を現在の問題として解決していくのがカウンセリングの目的となりますから、幼少時の親との関係がどのようなものであったかを、大人になったご本人が、大人として捉え直しをして、その上で、その過去の問題が今の時点にどのように自分に影響を与えているかを理解し、その影響をなくするために、自分が何を行為、行動としていくかを決断していただく、主体的な営みであり、カウンセラーの役割は、それを補助するものに過ぎないと考えます。

すでに出来上がっているその人の対人関係のパターン、多くは親との関係をカウンセリングの場で再現しても何も変わりません。多くの問題は無意識と関連していますから、意識だけで自分を変えることはできません。特に無意識を扱う場合には、関係の布置を変えることしか方法はありません。そのために、つまり無意識の構造を変えるために人為的に設定されたカウンセリングの空間は、今までの対人関係、特に親との関係とは、まったく違うものとして設定されています。

どなたにでも共通してあらかじめ理解していただきたいのが、カウンセリングの日時の厳守です。例えば、親との間で幼少時我慢ができない関係にあった方はこれができません。つらくても次の予約の時まで我慢すること、我慢して予約した時に来ることも、幼少時とは違う対人関係に自分を置くことなのです。同じく、カウンセリングの時間だけがあなたの時間です。あなたが権利を持っているのは予約した時間だけです。時間外に来院されても、電話で相談されても、応じることはありません。いつでも応じてくれるのは親、それも幼少時の親しかいません。いつでも対応することは、幼少時の親との関係をカウンセラーに求めることであり、退行を強化することにしかなりませんから、それに応じることはカウンセリングに必要な対人関係の場を、問題含みの過去の親との対人関係の場に引き戻し、無効なものにしてしまいます。カウンセリングは「一期一会」のものです。毎回、毎回、その一回で完結するものです。カウンセリングの場は、普通の対人関係の場とは支配している法則が全く違うものであることをご理解ください。

カウンセリングの方法は予備面談を経た上で決めることになりますが、人により異なりますので、全てのルールを明記することができませんが、ホームページに述べていることは、上記のカウンセリングの原則に沿って決めてあるとお考えください。



 ・休診日:土日、祝祭日休み
 ・○:相談可 ×:休み


カウンセリング時間帯変更のお知らせ

職場の労働環境が厳しくなり、働きながらカウンセリングを受けたいが、時間が取れないという方が多くなりました。このため、平成29年3月1日水曜日から、会社の昼休み時間帯を使えるようにすること、退社後の通院が出来る様にということで、以下の様に時間帯を30分後ろに繰り下げて、最終のセッションの開始時間を午後6時にする事で、退社後の利用ができる様にします。また、1日5枠はそのままですが、当院の昼休みを変動制にすることで正午からの時間帯を予約できる様にして、会社の昼休み時間帯を御利用可能にいたします。

 

【診療時間】
10:30〜12:00
12:00〜13:30
13:30〜15:00
15:00〜16:30
16:30〜18:00
18:00〜19:30

@がカウンセリング可能時間。ただし、六枠のうち五枠が埋まった時点でその日の予約は終了となります。
土日、祝日はお休み。
予約は、月〜金曜日、10時半から18時まで。電話予約のみ。メールでの予約は行いません。
固定電話 022-215-3525
携帯電話 090-2886-1435
なお、固定電話は5回ベルが鳴った後は自動的に携帯に転送されます。受付が外出時等にはそうなりますので、固定電話をご利用の方は転送されるまでお待ちいただくことがあります。



電  話: 022-215-3525  月〜金曜日10:30〜19:30)*土日祝日は不可

携帯電話: 090-2886-1435  月〜金曜日、10:30〜19:30)*土日祝日は不可

※電話予約制
 電話、携帯電話でのご予約をお願いします。(電話でのご相談はお受けしておりません。)
 メールでの予約、予約変更、キャンセルは出来ません。

※診察に関しての手続き上のご質問・お問い合わせはこちら から

健康保険は取扱いいたしません。
1回(1時間30分まで)8,000 円(税込)です。
なお、出張診療等の特別なことがない限り、追加料金は発生しません。

『(診察日の)前日、当日のキャンセルは、キャンセル料100%(8,000円)が発生します。』
(例えば、月曜日の予約キャンセルは木曜日まで、火曜日の予約のキャンセルは金曜日までなら無料になります)

■近くのコイン駐車場などをご利用ください。